首都圏ドミナント戦略

よりよい商品ポートフォリオの構築を追及する当社独自のビジネスモデル「首都圏ドミナント戦略」により、首都圏1都3県という限定されたエリアの中古不動産再生市場で売上No.1を目指しています。

首都圏ドミナント戦略について

今後の成長戦略の柱となる「1都3県の首都圏ドミナント戦略」に注力しています。当社グループは、地方都市への商圏拡大(横展開)は行わず、すべての価格帯(縦展開)が揃う首都圏の中古物件の再生に経営資源を集中しています。

首都圏住宅市場について

景気回復への期待や金利の先高感、消費増税の延期等を背景に、首都圏における中古住宅市場が大きく成長しています。
首都圏の世帯数は増加傾向にあり、2020年のオリンピック・パラリンピックの東京開催を追い風に市場の魅力が高まっています。円安を背景とする海外の投資マネーの流入、相続増税対策としての高額中古不動産の購入、若い世代の年金対策としての不動産購入等、中古不動産市場における新たな需要も創出されてきました。
また、平成24年3月、国土交通省が発表した新成長戦略(平成22年6月閣議決定)「中古住宅・リフォームトータルプラン」により、新築中心の住宅市場から、リフォームにより住宅ストックの品質・性能を高め、中古住宅流通により循環利用されるストック型の住宅市場に転換する政策が今後加速化する見込みです。中古住宅再生事業への社会的ニーズは急速な高まりを見せています。

ページトップへ